2011年4月19日火曜日

3月11日 震災直後その3



当日の事がだらだらと長文になっています。
今日で11日は終わる予定です。
暫しお付き合いをお願い致します。



震災直後その3


夕暮れが刻々と迫り、部屋の中にいても寒さが堪えて来ました。
子供達にもう一枚上に羽織るものを用意し
私もダウンの中にセーターを一枚、靴下も一足重ねました。



目を凝らしてよく見ないと、顔の判別がつかなくなってきた頃
まさかの家人が帰ってきました。

午後から東京出張と聞いていたので、今頃は新幹線に缶詰かな
と思い込んでいただけに、嬉しい帰宅でした。

家人の顔を見て、心が少し軽くなりました。

帰ってきてくれて本当にありがとう。


さすがの息子も今日は素直に嬉しそう。
早速、地震が起こった時の事を中学生二人が話しています。

家人によると、どうも街中は車が大渋滞を起こしていて
二進も三進も動かない様子。

災害時、娘には夕方になったら絶対に歩かず学校なり
避難所で一夜を明かすように言っていたので、
今日中の帰宅はないと判断。
私達も無理に動かず、夜が明けるのを待つと決めました。



そう決まれば、さっさと食べて布団に入るのが一番。
何しろ寒いのです。
夕食にしました。

レシピブログにも参加しているので、思いだせる範囲で
その日に食べたものを書き出したいと思います。




3月11日 夕食

冷凍の生味噌ラーメン
にらまんじゅう
かぼちゃ味の乾パン
水・・・各自ペットボトルを決めて名前を記入。


お風呂場の水だけがほんの少しちょろ・ちょろと出ていたので
今ならラーメン鉢がざっと洗えると思い、ラーメンを作りました。

こってり味噌味に加え、ねぎやチャーシューも入っているので
食べ盛りの中学生二人もそこそこ満足。
アツアツが何よりのご馳走でした!

にらまんじゅうはフライパンのまま食卓にだしたような・・・
足らずは乾パンと水でお腹を膨らませてもらいました。

デザート? にキシリデントガムを配りました。



布団に入る前にコップ半分の水で口をゆすぎ
とりあえず寝る前の身支度完了。
私は気休めに化粧水を顔にふりかけてみました。


もちろんラジオはつけっぱなしです。
窓際に明かりを置いて
人の気配が感じられるようにしておきました。

あまりに寒いので、寝始めは皆コートを着たまま布団へ。
毛布と布団の上から、夏がけとタオルケットまでかけてみましたが
どうにも寒くて仕方がありませんでした。

まだ七時過ぎだったように思います。


「こんな早くに寝られねー」
とのたまっていた息子は、3分としないうちに寝息を立て始めました。

彼は余震にも負けず勝ち続け、そのまま朝までぐっすり。
そして翌朝の第一声が

「やっぱよく眠れなかったー」

彼は平和です、さすが下の子です。



遅くに友人が娘さんの安否確認に訪れました。
直ぐに職場に戻らなければいけないとか。
Aちゃんの顔を見て安心し
私達に何度もよろしくと頭を下げ戻っていきました。

ラジオからは辛いことばかり・・・

でも、こうやってお互いの無事を実際に確認する度に
少しずつ少しずつ落ち着いていったように思います。



明けない夜はない


一晩中ラジオを聞いて
何度も寝返りを打って

ようやく白々と夜が明けてきました。




8 件のコメント:

  1. こんにちは 月草さん

    こちらこそあちこちに投稿してすみません~(>_<)
    もう、おばさん丸出しやんっ。

    息子くん さすがです。
    大物です。
    近づかせるために家の息子にも
    せめて練乳漬けにしたら少しは効果があるかしら?

    電話も通じないことがわかったので
    普段からいざと(もう来ないでほしいですが)いう時
    大事なんですね。
    家もオットーと連絡が取れなくて少しあせりました。

    返信削除
  2. 月草さん
    当日の貴重なお話を読ませて頂き感謝です。
    本当にご無事でなにより…
    次男君ステキ☆☆☆
    でも本当に寒かったでしょうね、お察しします(><)

    私の岩沼や釜石の親戚も幸いなことに皆無事でした。
    今回の震災で何かを感じた皆さんが本当に心から笑って過ごせる日がくることを、遠くから祈っています。

    返信削除
  3. こんにちは、月草さん。

    以前コメントさせて頂いたつもりでしたが、できていなかったようなのでもう1度。

    その3までじっくり読ませて頂きました。
    読んでいるだけでも、大変な状況が目に浮かんできます。
    実際はもっともっと大変なことなんでしょうね。

    ご家族の皆様がご無事で何よりです。

    息子さん、すごいですね。
    関東の揺れでも起きてしまうぐらいだったのに。
    元気な姿には癒され、パワーをもらえますよね。

    我が家は災害時の対応を話し合っていなかったので、これを機に話し合ってみようと思います。

    返信削除
  4. 月草さん こんにちは。

    ともすると大人の方が平常心を失いがち。
    そんな中での息子さんのごく普通の姿は和みであり、
    力となりますよね。

    返信削除
  5. サムシェさんへ
    ありがとうございます。
    あんなに大きな地震はもう二度とご免ですね。
    全てのものが遮断されて、普段の備えがいかに
    大切かをつくづく思い知らされました。

    息子クンの熱は下がりましたか?
    お大事になさってくださいね。

    返信削除
  6. ちぃさんへ
    嬉しいコメントありがとうございます。
    皆、元気です!
    ご親戚もご無事で本当に何よりでした。。

    普段から良く寝る息子ですが、この震災で
    すっかり10時間以上寝るクセがついてしまった
    ようでして・・・
    お陰様でこの春、身長がまたぐぐっと伸びました。

    返信削除
  7. 諒坊純坊さんへ
    ありがとうございます。
    コメント欄の調子が悪くてごめんなさい。

    震災当日はディズニーランドだったんですよね。
    実は眠れぬ夜を過ごしていた時、諒坊純坊さんは
    無事帰られたかしら?って考えたんですよ。
    浦安があんなことになっていたと知ったのは
    電気が通ってからなのでかなり後でした。
    お子さんが小さいから尚更大変な思いをなさった
    ことでしょう。

    そちらも時々余震があって大変でしょうが
    どうぞお疲れが出ませんように・・・。
    嬉しいコメント、ありがとうございました。

    返信削除
  8. ぴぃちゃん+さんへ
    ありがとうございます。
    中学生男子って大人以上によく食べる割には
    本当に幼くって・・・

    でも彼は早起きが得意なので、まだ薄暗い早朝から
    水汲みの列に並んでくれて、それは大いに助かりました。

    返信削除