2012年1月8日日曜日

ひたし豆



お正月には
今年も一年まめまめしく働くという縁起を担ぎ
お豆さん料理を色々と用意します。

今年は黒豆煮・あんこ・ぜんざい
そしてこのひたし豆を作りました。

青大豆を使ったひたし豆は
山形の大先輩に数年前教わりました。

甘くない豆料理なので、酒の肴にもぴったり。
作り方も簡単で、火にかける時間はたったの10分!
お弁当にも重宝します。








豆は洗い、三倍の水に一晩浸す。

ふっくらと戻ったら、火にかけ沸騰したら弱火で約10分。
ざるにあけて水気をきる。

だし汁にしょうゆ・酒でちょっと濃い目の味をつけ
その中に豆を加える。
浸し汁は豆が隠れる程度のひたひたに。

冷蔵庫で半日味をしみこませたら出来上がり。

ぽりぽりとした食感が楽しいので
豆は煮すぎないようにくれぐれもご注意願います。


お正月には
これに塩抜きした数の子を入れるとか。

数の子は子孫繁栄を願った縁起ものなので
ダブルでいいですね~



敷物と器はベトナムの物です。

私のレシピ色々はこちらからどうぞ。




2 件のコメント:

  1. ええ色に仕上がりましたね☆
    青大豆、数年目に知り合いからもろて作るようになって
    今では夏場の枝豆を使ったひたし豆にも応用して
    美味しくいただいてます。
    でも、数の子をあわせるんはしらなんだー!!
    土地のおかずって奥が深いですわ^^
    敷物とのコントラストも素敵です。

    返信削除
    返信
    1. 大変遅ればせながら・・・
      ジェシカさん、コメントいつもおおきに。
      ホント、土地のおかずって奥が深くて興味深いよね。
      わたしゃ、まだまだ修行がたりませんわ。

      削除