2014年10月9日木曜日

アルフォンス・ミュシャ 「 スラヴ叙事詩 」


ミュシャ自身のルーツである
スラヴ人の二千年近いの歴史を描き上げた
20枚にも及ぶ大作が
「 スラヴ叙事詩 」


今までの
ミュシャに対する私の軽佻な態度ごめんなさい。

2017年には
東京で20枚の全作品が観られるとか・・・観られないとか・・・

もしそうなら
必ず東京にもう一度観に行きます。

人の少ない
静寂の中に感じたミュシャの魂と
静かな圧倒感は
望めないかも、ですが・・・・

2015年12月31日まで 
プラハのヴェレトゥルジュニー宮殿 大ホールで
展示されています。

この期間プラハに行かれたら、ぜひ!
目の前にトラムの駅もあります。


大どんでん返し
これがヴェレトゥルジュニー宮殿↓
うーん
宮殿というより県庁?





ランキングに参加しています。
スラヴ叙事詩ってどんな絵よ? 
と思われた方は
ポチッとしてからググってね!


にほんブログ村

ありがとうございます!!


0 件のコメント:

コメントを投稿