2011年11月24日木曜日

すっきり味のみかんゼリー



毎年大きくて甘い立派なみかんを頂きます。
ありがとうございます!

その大きなみかんをそのまんまカップにしたゼリー。

実家の庭で採れた無農薬青切りゆずの絞り汁も入れて
すっきりとした甘さのみかんゼリーに仕立てました。









<材料> みかんカップ4個分

大きなみかん   4個
ゆず小       1個
ゼラチン      5グラム
湯         50cc
砂糖        大匙2程度


<作り方>

1 ゼラチンは熱い湯50ccで溶かしておく

2 みかんを蓋と本体に切り分け、中身を取る
  果汁を絞っておく

3 2の果汁に1と砂糖を入れ、よく混ぜる

4 みかんカップを皿やトレーにのせ、2を注ぎいれる

5 冷蔵庫で固まるまで冷やして出来上がり



このレシピでは
ふるふるした緩めのゼリーが出来上がります。
しっかしとした食感のゼリーがお好きな方はゼラチンの
量をもう少し増やしてください。


空っぽになったみかんカップを差し出して
おかわり~と皆に言われました・・・よしっ!



2011年11月20日日曜日

City Crafter Challenge Blog week 83



City Crafter Challenge Blog week 83に参加させていただきます。

Thank you for a wonderful challenge.


今週のお題は
Four Legged Friend


私はクリスマスディナーのメニュー表を制作。
表紙にはトナカイにご登場願いました。
スタンプを押し、プラチナエンボスを施し
そしてポップアップ。


さて、今年のクリスマスはどんなメニューにしましょうか?













2011年11月18日金曜日

口どけかぼちゃグラタン



ここ暫く続いた数種の生クリームを使った
美味しいレシピも本日で一区切りです。


長ネギのにょっきりグラタン → こちら
枝豆とベーコンのプティング → こちら
黒すぐりのふんわりババロア → こちら


本日は口どけまろやかな(チョコか?)シンプルグラタン。
北海道産のかぼちゃをたっぷり使いました。









<材料> 直径23センチの耐熱皿一つ分

大かぼちゃ  半分
生クリーム  200cc
粉チーズ   適宜
塩・こしょう・ナツメグ
バター    適宜



<作り方>

1 かぼちゃはゆでるかチン!して皮をとり
  よーくよくつぶすか裏ごししておく

2 1に生クリームをいれ、滑らかになるまで混ぜる
  塩・こしょう・ナツメグで味を調える

3 耐熱の容器にバターをのばし、2を流しいれ
  粉チーズを全体に振り、180℃に熱しておいた
  オーブンで20~25分


美味しそうな焼色がついたら出来上がり~
大きなスプーンで取り分けてどうぞ。


かぼちゃの甘みと生クリームのコクとなめらかな食感を
味わうシンプルなグラタンです。

ぜひ乳脂肪分の多い本格生クリームを使ってくださいね。
食べたときのリッチ感が違います!
  

生クリームを使った料理レシピ
生クリームを使った料理レシピ











2011年11月14日月曜日

黒すぐりのふんわりババロア



暖房の効いた暖かい部屋でいただく冷たいお菓子が
美味しい♥ころとなりました。

本日は口当たりの優しい 
黒すぐり(カシス)のふんわりババロアです。

生の黒すぐりはなかなか手に入らないので
砂糖不使用のフルーツスプレッドを丸々1瓶使用。

だから生クリームさえあれば、いつでも作れます。









カシスのふんわりババロア

<材料> 直径13cmの型一個分

黒すぐり(カシス)のフルーツスプレッド   1瓶(170g)
フルーツスプレッドとは、糖度の低いジャムのこと
生クリーム 200cc
牛乳 300cc
粉ゼラチン 15g 
水        150cc
砂糖       100g      
レモン      1/2個



<作り方>

1 粉ゼラチンを150ccの熱いお湯で溶かしておく

2 牛乳と砂糖を火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めて
1とカシスジャム大匙3を入れてよく混ぜる
鍋の下に氷水を当て、とろみがつくまで混ぜる。
 (作業がしにくければ鍋からボールに入れ替えてください)

3 生クリームを8分立てに泡立てる

4 3を2に加えて混ぜ、水でぬらした型に流しいれ
 冷蔵庫で3時間冷やし固める

5 残りのジャムをレモン1/2個分の絞り汁でのばす
 かたさは水を加えて調整してください
 このカシスソースはちょっとすっぱいぐらいの方が
 ババロアとの相性がいいです

6 固まったら型から外し、5のソースをたっぷりかけてどうぞ

ケーキのように大きく作ったので
子供たちから歓声が上がりました!よしっ!









生クリームは
タカナシ乳業さんのクリームホイップ40を使用。

動物性脂肪が40パーセントなのに
手動でも!簡単に綺麗にホイップできました。
味も本格的です。



生クリームを使った料理レシピ
生クリームを使った料理レシピ




2011年11月10日木曜日

Flower Album



庭の花たちの記録用に作った
スクラップブッキングのアルバムです。

タイトルはFlowerなのに
表紙に花が見当たらないのは、へそ曲がりだから(笑)








あくまでも記録!
と言い張っているので中はシンプルに。

来春に咲くであろうチューリップやら百合たちも
再来年に咲くであろう花たちも
パッパッと貼れるように台紙はたっぷり作りました。








人知れず咲き終わってしまう花が多いので
来年はちゃんと写真に撮っておこう・・・たぶん。








このアルバムは
スクラップブッキングのお店「DIYmind」さんの
ギャラリーにも違うページがアップされていますので
よろしかったら合わせてご覧下さいませ。

DIYmind ギャラリー

どーんと赤いモクレンのページがあったりします。



2011年11月7日月曜日

枝豆とベーコンのプティング



枝豆とベーコンが入った甘くないプディング。
濃厚な洋風茶碗蒸しって感じです。
とっても簡単!








<材料> 四人分

ベーコン  4枚
枝豆    80粒 
卵     2個
薄味のコンソメスープ 170cc
生クリーム   80cc
塩・こしょう・ナツメグ



<作り方>

1 ベーコンは2センチに切り、軽くいためる

2 卵・生クリーム・スープ・塩・こしょう・ナツメグ
はよく混ぜ合わせておく

3 カップそれぞれにベーコンと枝豆17粒を入れ
  2を静かに注いで、蒸し器で約20分蒸す

4 仕上げに枝豆3粒を上にのせ出来上がり。

枝豆の数はあくまでも目安として数えてみました・・・(笑)


これからの季節、冬はアツアツを
夏は冷たく冷やして前菜としてどうぞ~


生クリームを使った料理レシピ
生クリームを使った料理レシピ




2011年11月5日土曜日

岩手花巻遠足~花巻文化村~



岩手花巻遠足~第二弾です。
第一弾は→ こちら

フェリシモ しあわせの学校が開講される花巻文化村

様々な講座が用意されていて
皆さん楽しそうに受講されていました。
angieさんのブログも合わせてどうぞ→ こちら













おっー!
と釘付けになってしまい、写真はありませんが
南京玉簾(岩手版)を生で拝見しました。
女性2人の芸、かっこよかったです。









最後はやはり食べ物で
岩手花巻は美味しいものがいっぱい

右奥に見えるのは、がんづき
素朴な甘みでいくらでもいただけます

花巻うす焼き
干しエビのうまみがギュッ
粉物ソース味とは別物








中央のお皿はゆうがおのたいたん

手前は白金豚・はっきんとんのウインナー
花巻の名物だそうです

あけびやら
抱えきれないほどの大きなキャベツの煮物やら・・・
それはそれは美味しゅうございました!














人も文化も温かい花巻

出会いのあった皆々様
しあわせな一日をありがとうございました!




2011年11月3日木曜日

CPS♯242 (Card68)



CPS♯242に参加させていただきます。
Thanks for wonderful sketch!









猫が大好きな姪っ子の所に行く予定。
待っててね!








2011年11月2日水曜日

長ネギのにょっきりグラタン



岩手花巻遠足レポートがまだ途中ですが
生クリームを使ったレシピを一つ。


花巻文化村から大切に抱えて帰ってきた
花巻産の長ネギをたっぷり使いました。

火をじっくり通すと甘みが際立ちます。美味しい!
が、ちょっと縮んでしまって見た目が・・・









<材料> 4人分
   
長ネギ 3本
豚ミンチ 100グラム
生クリーム 100-150cc


<作り方>

1 長ネギは3センチに切る

2 豚ミンチの油を吸わせるような感じで
  長ネギも一緒にじっくり炒める
  長ネギの中身が飛び出ないようにやさしく、やさしく
  塩・こしょう・ナツメグで味を整える

3 耐熱皿に炒めた豚ミンチを入れ、長ネギを立たせる
  上から生クリームをかける

4 オーブンのグラタン機能で焼きあがったら出来上がり



生クリームを使った料理レシピ
生クリームを使った料理レシピ



私が使った生クリームは
タカナシの特選北海道 純生クリーム35。

コクはあるけれど比較的あっさりしているこの生クリーム。
長ネギの甘みを堪能するのに、ぴったり!でした。










先日ご紹介した柿のゼリー
諒坊純坊さんが早速作ってくださいました。
ハロウィン仕様でとってもキュートです。 →こちら
ありがとうございました。