2011年10月31日月曜日

まちかど美術館2011 アート@つちざわ<土澤>



秋の遠足にはどんぴしゃの快晴のもと
行ってきました、岩手県新花巻。

駅でangieさんと落ち合い
まずはまちかど美術館2011を開催中の東和町土沢へ。

懐かしい昭和の空気が息づく商店街や民家の会場に
110人の作品が点在しています。


カメラ片手にぷらぷらお散歩。
カメラに収めたものは、街で見つけたこんなものばかり。






色褪せ加減もいいんじゃない?






明るく楽しいお台所に裸電球






いつの時代も遠足にはガム必須アイテム
もちろん私も持って行きました
昭和20年代の新聞?






あら?この道
大阪でも大和郡山でも西脇でも仙台でも見たような・・・
どこでもドアな懐かしい道






まちかど美術館2011は11月6日まで





さて花巻文化村へ移動しましょう





angieさんおススメのスポットで小休止

深呼吸の連打で岩手の秋を満喫・・・最高!






続きます。

2011年10月30日日曜日

柿のゼリーレシピ&レトロな街



嬉しいリクエストを頂きました。
前記事の柿ゼリーの詳しいレシピです。







<材料>

柿 2個
ゼラチン 10グラム
レモン 1個
砂糖 50~60グラム
水 600cc
レインボーレッドキウイ 1個  




<作り方>

1 柿は1cm角に切り、飾り用を少し取り分けておく

2 レモン汁一個分を入れた水に柿を入れさっと煮て
  火を止め、砂糖・ゼラチンを入れて溶かす。

3  器に2を入れて、冷蔵庫で冷やす。

4 固まったら飾りにスライスしたレインボーレッドキウイ
  と柿をのせて出来上がり。





新幹線に乗って行ってきました。

毎日が運動会?のような万国旗がはためく商店街。
昭和の風景が残るレトロなこの街は・・・

明日レポートします。








2011年10月28日金曜日

柿のゼリー



グラスの中にさっと煮た柿が入ったゼリーです。

過日サムシェさんに柿をさっと煮るとマンゴーのような
感じになると教えていただいて・・・早速実践。


ゼリー仕立てにして
飾りには生の柿と福岡レインボーレッドキウイを。

このキウイ甘いです。
色味もなんとなくオリエンタルな感じがしてお気に入り。









柿はレモン汁を入れた水でさっと煮る。
火を止めて、砂糖とゼラチンを入れしかっり溶かす。
冷蔵庫で冷やして出来上がり。


非常にさっぱりしたゼリーなので
肉料理後のデザートにぴったり!








2011年10月25日火曜日

球根の植え付け完了!



今年はいつも以上に月日が飛ぶように過ぎていき
季節をじっくり愛でることもなく・・・

丁寧な暮らしは何処へやら


来春の庭は様々な思いや祈りをこめて
賑やかに彩ることに勝手に決定!

ちょっと奮発して
フラワーショーで賞をいただいた変り種の
チューリップの球根を中心に色々。
全部で70球ほど。


でも
植えてみるとこじんまりしています・・・


まだ冬も来ていないけれど

春よ来い♪ 早く来い♪








2011年10月22日土曜日

丹波の黒さや



厚かましいと思いつつ
毎年、四季折々の楽しみにしている頂き物があります。

秋は丹波の黒さや。

かれこれ十年以上続く幸せ。
ありがとうございます。








2011年10月21日金曜日

レモン寒天



きび砂糖を使った素朴派レモン寒天です。

綺麗な色のゼリーを作りたいときはグラニュー糖で。
こんな風にクリアーに仕上がります→こちら









材料
棒寒天        1本
メイヤーレモン    1個分の絞り汁
             1/2個分スライス
砂糖            60グラム
水             600cc
オレンジジュース     100cc


作り方
1 寒天を鍋で煮とかし、砂糖をいれ火を止める

2 オレンジジュースを入れよく混ぜる

3 水を潜らせた器にいれ、スライスしたレモンを浮かべる



よーく冷やしてお召し上がりください。
爽やかな口当たりで、年中人気です。



2011年10月18日火曜日

豚肉とポテトのノリ海苔巻き



タイトルに深い意味はありません。
豚挽き肉を音楽聴きながら♪ノリノリ♫で混ぜたから

・・・・・

つくレポです。

すっかり常連にさせていただいている
サムシェさんのレシピを参考にして。

かぼちゃは玄関に展示中(ハロウィンの飾り)だったので
代わりにメークインポテトで作りました。









はい、私は海苔巻きがヘタクソです。
もちろん、今回も焼いている間に見事に破けました。
ポテトを入れすぎた結果かと・・・


たれは
サムシェさんおススメのからし醤油
コチュジャンケチャップ         
 (ケチャップにお土産で頂いた一億兆のコチュジャン
  を混ぜたもの・・・最近我が家で人気のたれ)
の二種を用意。

これにはからし醤油の方がやはり合いました~


サムシェさん、美味しいレシピご馳走様でした!









2011年10月17日月曜日

Happy Birthday Linda !



Happy Birthday Linda!
I am praying for one happy year of you.








2011年10月16日日曜日

焼りんごの生クリームソースがけ



ジャジャーン!
秋休みのディナー by子供達その2

アツアツのデザートは、焼りんごでした。

しかもこんなに大きくてお猿 イエお洒落。
(うわっ、息子のすべり癖がうつった・・・)

りんごの芯をくりぬき
その中にバターと砂糖をたっぷり入れて
オーブンで約45分

生クリームを8分立てにし
アツアツの焼りんごにかけて出来上がり

とーーーーーっても美味しかったです。
(一週間分のバターを食べたような気もしますが・・・)









上げ膳据え膳たまらーん。
ありがとう!

月草☆感激☆ ←久しぶりにやっちゃいました・・・



2011年10月15日土曜日

秋休みのディナー by子供達



秋休み中に、珍しく姉弟ふたりで夕食を作ってくれました。

メニュー決めに1時間
買い物に1時間
普段やりなれないことをしたので疲れて昼寝に1時間
調理時間に2時間半
片付けに30分

合計6時間?の超大作であります。
(口も手も出さずに見ている私が一番疲れた?6時間かも)








冷たいサラダ
  酸味の利いた手作りドレッシングが最高!
  冷蔵庫にプチトマトも黄色と赤のパプリカもあったのですが・・・
  眼中になかったようです。

鳥肉のパリパリ焼・サイコロポテト添え
  北海道産メークインを探してお店を回ったとか・・・









葱のスープ
  絶品でした。
  本当はポロ葱を使うと本には書いてあったようですが
  なかったので北海道の長ネギを使ったそう。

  鍋で作ったスープをもう一度耐熱容器に入れて
  オーブンで焦がすっという(私なら絶対にしない)技あり!



食べながらの2人の会話
姉・ 緑黄色野菜の付けあわせを一つ作ればよかったね
弟・ いや、もう限界を超えてる・・・


この後、更に驚きのアツアツデザートが登場!

もったいないので
明日のお楽しみにさせていただきます。(笑)



2011年10月12日水曜日

City Crafter Challenge Blog ~week78



CCCB♯78に参加させていただきます。

Week 78 のお題は
A Boo-tiful Color Challenge
黒とクリーム色を使ったプロジェクト

ハロウィンを意識して・・・


Thank you for a wonderful challenge.














2011年10月10日月曜日

檸檬ピール



過日
風邪気味だった息子のリクエストで作った檸檬ピール。


檸檬色ではなくオレンジ色なのは
防かび剤を使っていないニュージーランド産
メイヤー檸檬を使っているから。

なかなか国産無農薬檸檬は手に入らない・・・









後ずさりするほど(笑)たっぷり砂糖を使っているのですが・・・
気がつけばあっという間に! なくなっていました。

君、ちょっと食べすぎじゃない?









お皿に広げて乾燥中
最後にグラニュー糖をかけて出来上がり。



2011年10月8日土曜日

もろこしパンケーキ



おこちゃまのおやつです!

のつもりで作ったら
洋風肉・魚料理の付け合せにもぴったり!でした。

粉末ホワイトソースを生地に入れて
もろこしの甘みがきいた奥行きの深い味です。








もろこしパンケーキ(15個分程度)

コーンの缶詰  1缶
卵       1個
粉末ホワイトソース 大さじ1
小麦粉       70グラム
粉チーズ      大さじ1
チャイブor細葱   適宜
牛乳        適宜



作り方
1  小麦粉・粉末ホワイトソース・粉チーズ・チャイブ
   をボールにいれホットケーキ生地程度になるように
   卵・牛乳で調節しながらよく混ぜる

2  1に水を切ったコーン缶を入れ、混ぜる

3  バターを少し落としたフライパンで焼く



粉末ホワイトソースは
日本食研の洋食作りを使用しました。

簡単で無駄のないホワイトソース作りができます。

同じシリーズの粉末デミグラスソースを使った
「りんごの巻き巻きソテー デミソースがけ」は →こちら


洋食作りの料理レシピ
洋食作りの料理レシピ



  





2011年10月6日木曜日

Halloween mini album








娘のクラスはなぜか仮装好き。

少し早いですが
過日のロングホームルームはハロウィン仮装で
盛り上がったとか。

楽しい青春の1ページですね。

気合の入った?仮装メンバーとの一緒の写真を
ミニアルバムにして~と頼まれたので三冊制作。

皆が喜んでくれると嬉しいなあ。



コメント欄の絶不調がいまだ完治せず・・・
申し訳ありません。
時々上手くコメントが入れられるようです。







2011年10月4日火曜日

りんごの巻き巻きソテー デミソースがけ



ひんやりとした秋の空気に
金木犀の香りが漂う頃となりました。

すーはーすーはー
深呼吸に忙しい日々・・・秋です!


ここ東北では初秋から様々な品種のりんごが出回ります。
毎年「りんごの追っかけ」を秘かな楽しみにしている私。

その時期にしか食べられないりんごの数々・・・


本日は岩手の「きおう」を使いました。
早生品種のきいろの王様で、きおうだそうです。

もちろんそのまま食べても美味しいりんごです。










「りんごの巻き巻きソテー デミソースがけ」 12個分

りんご        1個半
豚肉しょうが焼き用  12枚
トマト 2個
塩・こしょう
デミグラスソース   150ml

作り方
1 りんご1個を八等分の大きさのくしぎりに
トマトは5㎜程度にスライスする

2 りんごを豚肉で巻き巻きして
ややしっかり塩・こしょうをする

3 フライパンでトマトにさっと火を通し
肉は全体にしっかりと焼き目がつくようにソテーする

4 ソテーをしている間、小鍋にデミグラスソースの素30gを
150mlの水で溶いて火にかける。

5 お皿にトマト・お肉の順に盛り付け
上からデミグラスソースをかけて出来上がり



デミグラスソースは
洋食作りという粉末のソースの素を使いました。

作り方は簡単でソースの量を加減でき便利。
味は完成の一歩手前で止めてあるので
各家庭で好みの味に仕上げられるのが良いです。


我が家は、酸味のきいたデミグラスソースが好みなので
酸味のあるトマトやりんごと合わせました。

相性バッチグー!(よもや死語?)でした。



洋食作りの料理レシピ
洋食作りの料理レシピ










2011年10月3日月曜日

で、答えは・・・



ガラスの文鎮!

ちゃう、ちゃう・・・








ガラスの万華鏡でした~
ヒントが漠然としすぎていて、分かりにくかったですね。
ごめんなさい。

出題したのは、上のドームになったところの写真でした。









覗いた時のわくわく感を写真にするのは難しいです。
美しさのほんの一部しかお伝えできません・・・








リビングの机の上において置くと
必ず誰かが口あけて(笑)覗いています。

ゆっくりくるくる・・・癒しの時間








2011年10月1日土曜日

コメント欄直りました・・・たぶん



先日来
コメント欄が使えず大変ご迷惑をお掛けしました。
ごめんなさい。

レシピブログのmyレシピブックに感想を入れてくださった方
ありがとうございました!

先ほどもう一度全部設定をし直して元に戻りました。
・・・たぶん



ジャジャン♪
唐突ですが、ここで問題です。

↓の写真はある物の一部です。
ある物とは一体なんでしょう?


ヒント
家人 「うおっーーーーー」
娘  「うわぁーーーーー」
息子 「うひゃーーーーー」

家族で奪い合って楽しんでおります。
決して変人一家ではありません・・・たぶん


もしかして、これ?
っと思われた方はお気軽にコメントお願い致します。